営業や業務がラクになる!個人でもできる基本のマーケティングを取り入れよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは、普段の業務の中でどれくらいマーケティングに費やしていますか?

もしかしたら営業や業務の運営に力を注ぎ過ぎてマーケティングを行えていないかもしれません。

個人経営・個人事業主の場合、
目の前の案件に集中するあまり、マーケティングまで手が回らない!
ということもあると思います。

しかし、営業もマーケティングも、どちらも大事な業務のひとつです。

そもそも、マーケティングとはいったい何なのでしょうか?

 

マーケティングとは何か?


「マーケティング」のwikipediaの項目では、

企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。


また、日本マーケティング協会の定義では、

企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

と書かれています。


あなたの仕事の中にマーケティングを取り入れることで、

  • お客様が求める商品・サービスを作れるようになる
  • お客様に正しく情報を届けられるようになる
  • お客様が商品・サービスの価値を効果的に得られる

といったメリットがたくさんあります。

 

 

営業とマーケティングの違い


ただ、

  • お客様が求める商品・サービスを作れるようになる
  • お客様に正しく情報を届けられるようになる
  • お客様が商品・サービスの価値を効果的に得られる

というのは、営業活動の中で行っていることでもあります。

では、「営業」と「マーケティング」は、どのような違いがあるのでしょうか?

 

「営業」とは


個人で仕事をされている方の場合、「営業」をしていない方は恐らく居ないと思います。

営業とは、受注が見込める案件に対して働きかけをすることです。
お店の場合、来店したお客様とのやり取り、商品の案内~契約、悩みを聴いて提案することなどもすべて営業です。

目の前のお客様が求めている商品やサービスを選んで提案し、
その商品がお客様にどのように適しているのか伝え、
お客様が商品・サービスを購入する流れを作ります。

今月・来月など直近の売上にダイレクトに関わる業務といえます。

 

 

「マーケティング」とは


先ほどの「営業」が目の前のお客様に関わる・直近の売上を上げる業務だとすると、
マーケティングは「未来のお客様を探す・将来の売上を上げるための業務」です。

マーケティングの役割は以下の通りです。

  • 自社と競合他社の分析、差別化
  • 製品戦略、販売戦略などを考える
  • 商品・サービスの開発を行う
  • 商品・サービスの価格を決める
  • 流通のルートを決める
  • プロモーション活動を実施する

このように、マーケティングをする時の目線は常に「未来」に向かっています。
営業活動は目の前の「今」ですから、営業とマーケティングでは、見ている場所が違うんです。

 

 

マーケティングをしないとどうなるのか


状態によっては、

「マーケティングをする時間がない」
「経営も安定してるし、しばらくは必要ない」

ということもあるかもしれません。

顧客が右肩上がりで増えていたとしても順調に営業していても、マーケティングは必須です。

なぜなら、マーケティングは「未来を作る仕事」だからです。

今は上手くいっていても、目の前のお客様が途切れないという保証はありません。
必ず疲弊するときがやってきます。

開店した当初は話題性があり、行列の出来ていたお店でもそうです。
行列が出来ているからといって目先の営業のことだけに集中していると、
徐々に客足は途切れていき、結果、手遅れとなり閉店に追い込まれる・・・というケースもあります。


そうなる前に、マーケティング的な思考を使って、

  • 自社と競合他社の分析、差別化
  • 製品戦略、販売戦略などを考える
  • 商品・サービスの開発を行う
  • 商品・サービスの価格を決める
  • 流通のルートを決める
  • プロモーション活動を実施する

を少しずつ取り入れていきましょう。

 

 

今からできる簡単で基本的なマーケティング


マーケティングといっても、まず何をすることがマーケティングなのか?
具体的な行動がわからない。

マーケティングの専門家を雇うのは、費用の面で難しい。

そういった場合、今からすぐに始められるマーケティング的な発想を行ってみましょう。

マーケティングは奥が深い、キリのない世界ではありますが、
基本的な発想である、

  • 客様が求める商品・サービスを作れるようになる
  • お客様に正しく情報を届けられるようになる
  • お客様が商品・サービスの価値を効果的に得られる

という点を踏まえて、少しずつ考えてみます。

 

 

あなたの商品・サービスを求めている理想のお客様を設定する(ターゲットを決める)


自分の商品・サービスを求めているお客様のイメージを具体的にします。
過去のお客様の傾向でも良いですし、新商品の場合だったら、一般的な価値基準で購入してくれそうな層を考えます。

「老若男女がお客様」というのは、一見すべての人が対象のようで購入者も増えそうですが、逆効果です。

対象範囲が広がれば広がるほど、メッセージが伝わりづらく、結果として誰も対象でなくなる・・・
ということになってしまうんです。

なので、ギュッと対象を絞ってみます。

 

 

競合他社との違い・独自のウリを見つける(メッセージを決める)


他社との違いは、大きなアピールポイントです。
例えば、

  • 商品・サービスの効果や品質の良さ
  • 時間がかからないサービス(逆に、時間をかけてじっくりと行うサービス)
  • 利便性
  • 価格の安さ
  • 過去の実績

など、ポイントはいろいろあります。
他社と比較して、差をつけられそうな部分を見つけていきます。

しかし、あなたがどれだけ差別化してると思っていることでも、
お客様にとっては興味がないこともあります。
独自のウリを、”お客様が求めるように”伝えることが大事です。

 

 

お客様の行動を予測して商品・サービスを紹介する(メディアを決める)


先ほどイメージしたお客様が、どういう経緯で商品・サービスを知り、なぜ購入に至ったのか?
具体的な道筋を、自分がお客様になったつもりで考えてみます。

理想のお客様の世代が普段見ているメディアはなんだろう?

どういう紹介の広告を出せば興味を持つだろうか?

クーポンに惹かれる層なのか、逆なのか?

などなど、お客様の気持ちを考えて、行動を予測していきます。
そして、出てきた流れに合うように、広告を載せたり情報を展開するメディアを決めていきます。

 

 

まとめ


マーケティングの手法は他にもたくさんあり、すべて取り入れようとすると
個人では負担が大きすぎるというのが正直なところです。

ただ、未来のお客様に向けたマーケティングを取り入れていくことで、
長期的なビジョンを持つことができ、商品・サービスの質もより良くなっていくはずです。

マーケティングとは「未来のお客様を探す」「未来の売上を作る」業務であること、
未来の仕事を開拓するうえでとても重要な業務です。
目先の営業活動だけでなく、マーケティングも行うことが大事です。


まずは今からできる簡単なマーケティングである、

  1. あなたの商品・サービスを求めている理想のお客様を設定する
  2. 競合他社との違い・独自のウリを見つけてお客様が求めるように伝える
  3. お客様の行動を予測して商品・サービスを紹介する


3つがそれぞれ正しく選定が行われて初めて、マーケティングの効果を出します。
じっくり時間をかけて考え、調べて、未来の仕事を作っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*