今、デジタルマーケティングを取り入れないと後悔する!その理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
デジタル

デジタルマーケティングとは何か?

デジタルマーケティングとは、
「電子メディアを使った製品やブランドのマーケティング」
という意味です。

デジタルマーケティングは
『ユーザーとの、新しい接点作り』のために使います。

活用するのはSNSやメルマガといった、
インターネットやモバイルの手段。

たとえば、
SNSに、話のネタになりそうな切り口で
自社の案内広告を載せること。

メルマガを配信して、お得情報を定期的に送ること。

こういったこともデジタルマーケティングのひとつです。

 

また、デジタルマーケティング
「電子メディアから得られる、
たくさんのデータを活用したマーケティング」

ともいえます。

HPのアクセス解析やPOSのデータを分析すれば、
ユーザーの傾向がわかります。

傾向がわかると、
どのページが読まれているのか?
どのページが読まれていないのか?
把握することができます。

「分析したデータを活用し、
ユーザーにとってベストなメディアとタイミングで
商品を紹介し、理想のアクションに導くこと」

がデジタルマーケティングです。

 

 

デジタルマーケティングとwebマーケティング

デジタルマーケティングと近い言葉に
「webマーケティング」
があります。

デジタルマーケティングもwebマーケティングも
意味としては同じような気がしますね。

では、webマーケティングとは何でしょうか?

 

 

webマーケティングとは何か?

webマーケティングとは、

「自社のwebサイトのみに対してのマーケティング」

になります。

webマーケティングで行う範囲は主に以下のような内容です。

【webマーケティング】

  • 自社のwebサイトのSEO対策をする
  • リスティング広告を貼る
  • バナー広告を貼る
  • サイト内の導線をスムーズにする

このように、
「自社のサイトにユーザーを呼び込み、こちらが求めるアクションをさせる」
という流れになっています。

やはりデジタルマーケティングと似てますね。

では、webマーケティングとデジタルマーケティングでは
どのような違いがあるのでしょうか?

 

 

デジタルマーケティングとwebマーケティングの違い

デジタルマーケティングとwebマーケティングの違いの一つは
「webサイトの範囲」
です。

webマーケティングは「自社のwebサイトのみ」に対してのマーケティングでしたが、
デジタルマーケティングでは「webサイト」に当たる範囲がグッと拡大します。

「自社のwebサイト」にあたるのは

  • コーポレートサイト
  • ECサイト
  • ランディングページ
  • ブログ
  • オウンドメディア

など、複数のサイトとなります。


また、デジタルマーケティングとwebマーケティングもうひとつの違いは
「ユーザーとの接点」
です。

webマーケティングでは主に

  • SEO対策による自然検索(検索エンジンからの検索)
  • リスティング広告による有料広告
  • バナー広告

といった、主に「検索エンジン」がwebサイトの入り口=ユーザーとの接点となってます。

一方、
デジタルマーケティングでは、

  • Facebook、TwitterなどのSNS
  • まとめサイト
  • 口コミ、比較サイト
  • メルマガ
  • スマートフォンやタブレット端末向けのアプリ
  • IoT

など検索エンジンを含め、様々なメディアやツールです。

webマーケティングもデジタルマーケティングも
どちらも求める結果は
「ユーザーにアクションを起こさせる」
です。

webマーケティングは
デジタルマーケティングの手法のひとつ
、といえますね。

 

 

なぜ今、デジタルマーケティングが必要なのか?

デジタルマーケティングが必要な理由は、

「時代の変化」

です。

少し前まではスマートフォンなども少なく、
SNSも一部の人だけが使っていて、
インターネット上では自社のwebサイト(HP)が
中心となっていました。

それが、
時代の変化により環境が変わってきました。

FacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNS、
必要な情報を手軽なサイズでまとめた「まとめサイト」や
口コミ情報サイトを誰でも観るようになりました。
(口コミサイトの情報で購入を決めるユーザーも非常に多いですね。)

デジタルマーケティングをしやすい環境が整った今、
webマーケティングよりも自然に、
情報提供できるのがデジタルマーケティングです。


ユーザーが欲しい情報を提供するために必要なこと、
それが「データの活用」です。

デジタルマーケティングはデータの活用が最大のポイントです。

分析したデータから、
ユーザーの求めるタイミングを合わせれば、
「顧客第一主義」を誰でも、どの企業でも提供できるようになります。

そういった点で、
中小企業はデジタルマーケティングは必須です。

大企業は広告費にお金をたくさん投入できますが、
中小企業だとそうはいきませんよね。

中小企業がデジタルマーケティングを活用すれば、
大企業のように大きな広告費をかけずに
ユーザーに直接、自社の良さを伝える機会が訪れます。

 

 

デジタルマーケティング・まとめ

デジタルマーケティングは『ユーザーとの接点の構築』です。
デジタルマーケティングを活用することで

「ユーザーにとってベストなメディアとタイミングで
商品を紹介し、理想のアクションに導くこと」

が可能となります。

これまでのwebマーケティングは
デジタルマーケティングのやり方のひとつです。

あなたの会社がwebマーケティングをすでに取り入れてる場合は
デジタルマーケティングのやり方も取り入れて、
時代の流れに合わせていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*